用に働くモノは美に近づく」というテーマのもとに、
気軽に扱え、食卓を彩る様な器作りを心掛けています。

モノが溢れる世の中で限りある資源を使わせていただき、
日々制作に励む事が出来るのは、求めてくださる方がいらっしゃっての事です。
小さな工房なので大きな事は出来ませんが、
自分のペースを崩さず、ひとつひとつ丁寧に制作していきたいと思っております。

工房えんじゅの提案するシンプルで扱いやすい器は、
年齢や性別を問わず多くの方にご好評いただいております。

食卓の彩りに・・
料理の引き立て役に・・
大切なあの人への贈り物に・・

引き出物など各種ご進物も承っております。
記念すべき日、心のこもった贈り物にえんじゅの器はいかがでしょうか?

Line Up
Art

「"普通を疑え"人生は目の前にある」
「陶芸」という括りには納まらずに自分が思い描いていた、
理想の陶工生活をはるかに上回る形で自分に出来る事、
チャレンジする事が見えてきました。

ライフワークとして定着しつつある空間づくりの集大成、
Gallery PolarStaを2014年にOpen。
2年半かけて自らの手によりリノベーションした空間は
現在進行形で変化し続けています。

20代からの陶工生活を経て、
"ART"という形で自分を表現しています。

冨金原 塊

Kai Fukinbara

京都で生まれ、京都で育つ。
工業高校で学んだ機械作業が、どうも向いていないと思い、
自分に向いている仕事は何か?を考える。
幼い頃から好きだったモノ作りの道が見えてきた時に、
家で日常的に使っていた、寄神宗美氏、故 古谷道生氏の器を手に取り
「コレだ」と、陶工訓練校へ行く決意をする。

権威、コネクション、お家柄、師弟関係と無縁の環境で活動。

20代からの陶工生活を経て、
自分が思い描いていた、理想の陶工生活をはるかに上回る形でフィールドを拡大。

生涯インディーズ宣言

about

Gallery & Craftshop

PolarSta

ギャラリーの内観
ギャラリーの外観

〒603-8304 京都府京都市北区紫野郷ノ上町41-14

Tel/Fax 075-468-3276 Mail ka1@rio.odn.ne.jp

Open 11:00 Close 18:00 不定休

www.polarsta.com

<バスでお越しの方>

京都市バス ― 千本鞍馬口か金閣寺道より徒歩10分

<電車でお越しの方>

京福電鉄 ― 北野白梅町駅[出口]から徒歩約19分
地下鉄烏丸線 ― 鞍馬口駅[2]から徒歩約26分

<お車でお越しの方>

「金閣寺道」交差点 東向き一方通行の道へ入り200m

SPECIAL TOPIC

雑誌 Lightning10月号 表紙&巻頭特集

2022.11.15 - 12.25

Book-end展(仮称)

2022.11.12 - 13

灯しびとの集い

2022.10.22 - 23

立山Craft

2022.10.05 - 11.01

Small World Coffee Art Exhibition

2022.09.10 - 11

せともの祭 2022

contact

右記のフォームに必要事項を入力の上、お送り下さい。
当方で確認次第、ご返信致します。

<個人情報の取扱いにつきまして>
当サービスによって取得される個人情報を目的以外の利用、提供、 また無断転用等は一切行わない事をお約束致します。

お名前
Mail
件名
本文